ハ イ デ ル ベ ル ク 城 内 の
ド イ ツ 薬 事 博 物 館

Logo Deutsches Apotheken-Museum
Menü

2020年の薬草 真正ラベンダー(Lavandula angustifolia)

真正ラベンダーは、最もよく知られた、そして人気のあるシソ科の植物に数えられ、気分を落ち着かせ、緊張をほぐす植物薬として何世紀にもわたって使用されてきました。薬用植物学の歴史の学際的研究グループは、過去の多岐にわたる適応症と最近の研究結果からの適応症を合わせて、2020年の薬用植物に真正ラベンダーを選びました。

植物

真正ラベンダー(Lavandula angustifolia)は、灰色がかった細かい毛で覆われた、芳香のある高さ30〜80 cmほどの亜低木です。直立し叢生した枝には、葉や花と同様に精油を出す腺があります。花は紫色からアメジスト色で、最大8 cmの穂状の花序を形成します。香辛料や薬としては特に花が使用され、蒸留するときは開花した状態の植物を茎や葉を含めて使います。

歴史

ヨーロッパではラベンダーの医療目的での使用は古代ギリシア・ローマ時代にまでさかのぼります。ただ、主に使われていたのはフレンチラベンダー(Lavandula stoechas)でした。ラベンダーという名はラテン語で「洗浄」を意味する“lavare“が起源で、既に古代から洗面や入浴の際に使われていました。それに対して真正ラベンダーは修道院医療の中で発見されたと伝えられています。ドイツの修道女ヒルデガルト・フォン・ビンゲン(Hildegard von Bingen)はラベンダーの強い香りに注目し、12世紀半ばに外用薬として、また害虫に対する使用を奨励をしています。加えて中世ではスパイクラベンダー(Lavandula latifolia)も重要でした。16世紀以降ラベンダーはイギリスから広がって、人気のある園芸植物となりました。レオンハルト・フックス(Leonhart Fuchs、1501-1566年)の有名な本草書(1542/43年)では、3種類すべてのラベンダーが並べて記載されています。

現代の適応症

真正ラベンダーの今日の医学的適応症は19世紀後半に固まったものです。その頃から主に精神的な緊張状態や不眠症の治療薬として処方されてきました。しかし21世紀の初めから、過去の療法や民間療法での使用を超えて、カプセル剤にした高用量のラベンダーオイルの適応領域を解明する意欲的な研究が進められています。

この研究に行ったベルリンのユーレケ教授(Prof. Dr. Dr. Bernhard Uehleke)は、「まず精神的ストレスによる睡眠障害には、6週間の投薬の後に素晴らしい改善があることがわかった。その後、パニック障害や不安障害の症状に焦点を当てた研究を行い、多くのプラセボ対照臨床試験で有意な効果をあげた」と報告しています。

最近の2つの論文(S. Kasper、2017年/D. Donelli、2019年)では、提唱された適応症への有効性が非常によく証明されています。さらに新たに、カルシウムチャネルを介した鎮静、抗不安作用のメカニズムを特定した基礎研究も発表されました(A. Schuwald、2013年)。

「ラベンダーオイルは、ローズオイルと並んでアロマセラピーで最も広く使用されているエッセンシャルオイルで、治療薬としても多岐にわたる適応症があります」とエアランゲンの生物学者でアロマセラピストでもあるプヒトラー博士(Dr. E. Puchtler)は述べています。

今日、ラベンダーオイルが最も重要視されているのは心理的な領域で、鎮静、ストレスを和らげる、不安解消、リラックスといった効果が期待されています。またストレス障害、不安障害、不眠症、神経衰弱、心的外傷後ストレス障害、パニック発作の重要な治療薬となっています。剤形としてはカプセルでの摂取が最適ですが、治療に適った用量のボディオイルを外用に使うことも有効です。

薬用植物の歴史の学際的研究会はヴュルツブルク大学で1999年に設立されました。そこでの研究から発展して、現在ではインゴルシュタットのドイツ医学史博物館やハイデルベルクのドイツ薬事博物館などの他の機関でもサポートされています。主な目標は、医学における植物の歴史とその薬用を明らかにすることにあります。

参考となった研究報告:
1. Bernhard Uehleke et al.: Phase II trial on the effects of Silexan in patients with neurasthenia, post-traumatic stress disorder or somatization disorder. Phytomedicine (2012). doi: http://doi.org/10.1016/j.phymed.2012.02.020

2. Siegfried Kasper et al.: Silexan in anxiety disorders: Clinical data and pharmacological background. The World Journal of Biological Psychiatry (2017). http://doi.org/10.1080/15622975.2017.1331046

3. Davide Donelli et al.: Effects of lavender on anxiety: a systematic review andmeta-analysis. Phytomedicine (2019). doi: https://doi.org/10.1016/j.phymed.2019.153099

4. Anita M. Schuwald et al.: Lavender Oil-Potent Anxiolytic Properties via Modulating Voltage Dependent Calcium Channels. PLOS ONE (2013). doi:  https://doi.org/10.1371/journal.pone.0059998